お菓子資格が全部わかる徹底解剖!

自由自在に好みのお菓子が作れたら最高ですよね!当サイトではお菓子作りとそのスキルアップに最適な資格を徹底解剖していきます!

MENU

お菓子資格は履歴書に書ける?

お菓子資格は履歴書に書けるの?

お菓子資格は履歴書に書ける?資格をいろいろ取得すると有利になる、とよく言われます。最近は大学などの高等教育を積んだとしても、なかなか就職できないという状況があります。そのため、腕に職を持ちたいという人もたくさんいらっしゃいます。

即戦力の人材をどこの会社も欲しがっているため、資格にチャレンジするのは良い事です。もちろん資格のみでは、知識はあってもスキルが追い付いていない、ということも時にはあり得ます。

ただ、しっかりと学習して、自宅でも実践しているような場合は、スキルはかなりのものになる場合もあります。また第三者機関が認定した資格試験は、それに合格していることで、その分野についての信頼は得られるでしょう。

では、お菓子関連の資格は、履歴書に書くことは可能でしょうか。結論から言うと、それは可能です。お菓子作りは立派な職業です。スイーツは誰でも好きなもので、日本には街中にスイーツが売られています。

世界中でも、甘いものはどこにでも売っていて、お菓子は世の中になくてはならないものになっています。スイーツを作るパティシエの世界にはコンクールもあるほどで、一流のパティシエともなるとお店は大繁盛します。

お菓子関連の資格を履歴書に書かれていると、製菓会社に勤めたり、スイーツショップで働く上で、自分の技量をしっかりとアピールすることにつながるでしょう。

履歴書に書ける資格の例

履歴書に書ける資格と資格講座の例をあげてみます。諒設計アーキテクトラーニングの「製菓アドバイザーW資格取得講座」です。この資格は最短2カ月で2つのお菓子資格を取得できる講座です。

取得できる資格は日本安全食料料理協会主催の「製菓アドバイザー」と、日本インストラクター協会主催の「お菓子作りパティシエ」です。

前者の製菓アドバイザーは、洋菓子に関する知識を習得している事を認定するものです。また、使われる材料の性質やお菓子の作り方についても理解している必要があります。

後者のお菓子作りパティシエは、お菓子作りに使う器具の選び方や使い方を理解し、適切に使用できる人に認定されます。数値や成分について科学的な視点からも、お菓子作りが習得できている事が証明されます。

資格はどんな事に活かせる?

お菓子資格は製菓会社やスイーツショップに就職する際に活かす事が可能です。また、スイーツ教室を開く時にも資格によって、実力を示すことが可能です。

それなりのスキルはもちろんのこと、資格を掲げることで集客効果アップが期待できます。やはり無資格の教室で習うよりも、有資格者の教室の方で習う方が魅力的です。


  • TOP